wordpressのリビジョンを「停止」「制限」「プラグインで操作」する方法

wordpressのリビジョン機能とは

間違えて記事を保存する前にブラウザを閉じてしまったり、パソコンがクラッシュしてしまった時の為に、自動で下書き保存しておいてくれる機能です。

しかし、自動で下書き保存したファイルは上書きされることなく、削除されることなく永遠に溜まっていく仕様みたいですね!

例えばこんな感じに↓↓溜まり溜まったまんまに!
rivision

そんなゴミを生成するリビジョン機能を制御しましょう!

まず、簡単にプラグインを利用しての制御

・Delete-Revision
http://wordpress.org/extend/plugins/delete-revision/
これで溜まったリビジョンファイルを削除

・Disable Revisions
http://wordpress.org/support/plugin/disable-revisions
こちらでリビジョン機能を無効にしたり、制限したり

でも、プラグインがいっぱいになるのは嫌なので。。。

wp-config.phpに設定を追加してしまいましょう!

(※wp-config.phpって何?という方は触らないほうがいいかも)

・リビジョンを停止
define(‘WP_POST_REVISIONS’, false);

・リビジョンの回数を制限(下記の例だと10回分まで保存)
define(‘WP_POST_REVISIONS’, 10);

上記のコードを、wp-config.phpの「/* 編集が必要なのはここまでです ! WordPress でブログをお楽しみください。 */」というテキストの上あたりに設置でOK。

以上、ご参考にぃ~。重要なファイルを修正するときは慎重に、バックアップをお忘れなく!!

おすすめ

  • Yoast SEO プラグインの設定画面がコンパクトになってる

    「Yoast SEOプラグイン」は多機能なSEOプラグインですが、多機能ゆえに設定項目も多いのです。 制作者もそれを分かっているのか、設定項目数を減らしてコンパクトにしようとしているようです。 ただ、いままで使っていた身 […]
  • wordpress3.8でダッシュボードの4つのエリアを2つにする

    wordpress3.8以降ダッシュボードがウィンドウサイズが1500px以上の場合、4つ区切りになりました。 ここにクライアント様に、ガイドなどを乗せたりしていたのですが、4区切りになり幅が狭くなって見にくい!という意 […]
  • wordpress+nginxにしてみました。

    そこら中でnginxを見るようになったので、そんなに凄いのかよ!ということでwordpress+nginxにしてました。 YSlowやPageRank Status(共にchrome拡張)ではあんまり数字が良くなってない […]
123...5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.